HIKO’s HAIR MAGAZINES - 1ページ目16 - 1000%NEWS!!
FC2ブログ

HIKO’s HAIR MAGAZINES Vol.55☆ ーパーマ編④ー

こんにちは!今回も引き続き、『側鎖結合の種類と特徴』について。前回あったように、側鎖結合は①ジスルフィド結合(S-S結合)②塩結合(イオン結合)③水素結合の3つがありました。それぞれの結合について、今回は掘り下げていきます。↓①ジスルフィド結合(S-S結合)…ケラチンタンパク質を特徴付ける重要で強固な結合で、基本的にはシステインと呼ばれる硫黄を含んだタンパク質特有の性質です。システインの含有量自体は多くはないですが...

HIKO’s HAIR MAGAZINES Vol.54☆ ーパーマ編③ー

こんにちは!今回は、『パーマに必要な結合の種類』についてのお話。髪の毛に関する結合は以前お伝えしたように、四種類ありました。パーマに直接関係する結合は、① ジスルフィド結合(S-S結合)②塩結合(イオン結合)③水素結合の3つから成り立っていて、この3つをまとめて「側鎖結合」と呼びます。髪の毛のタンパク質のなかでも分子の小さなものをポリペプチド(PPT)と呼び、それが縦方向に鎖状に繋がり「ポリペプチド主鎖」と...

HIKO’s HAIR MAGAZINES Vol.53☆ ーパーマ編②ー

こんにちは!今回は、パーマについての『酸化と還元』について書いていきます。パーマにおいてなぜ、酸化と還元が重要なのか…それは、「パーマは化学反応でかかる」という前提があるからです。まずは、パーマにおいてこの酸化と還元がどういう役割をもつのか…見ていきましょう。↓①酸化酸化とは…「物質が酸素と化合したり、水素を失ったりする化学反応」になります。パーマにおいては酸化反応は2剤に用いられ、1剤で切断されたジス...

HIKO’s HAIR MAGAZINES Vol.52☆ ーパーマ編①ー

こんにちは!今回から、ヘアカラー編は一旦区切りにして『パーマ編』のスタートになります。まず、パーマとは…?↓↓パーマとは毛髪に「化学反応で人工的な縮毛を形成する」美容技術、もしくはそれを用いたヘアスタイル。になります。パーマの起源は、紀元前3000年以上前に古代エジプトの貴婦人達が毛髪に湿った土を塗り、木の枝に巻き付け、天日で乾かし髪にウェーブを作ったのが始まりです。そこからしばらくは、今のアイロンの巻...

HIKO’s HAIR MAGAZINES Vol.51☆ーヘアカラー編㉛ー

こんにちは!今回でヘアカラー編は、一旦区切りになります。テーマは“施術時の手袋の重要性”です。手指の皮膚は、皮脂や汗などから形成される天然のクリーム(弱酸性の皮脂膜)で保護されています。ですがサロンで日常的に薬剤に触れたりシャンプーをしていくと、この天然のクリームが失われていきます。最終的には乾燥や湿疹などが発生し“手荒れ”になります。この手荒れが曲者で、酷い場合は美容師を続けていく事が困難になっていき...