HIKO’s HAIR MAGAZINES Vol.38☆ーヘアカラー編⑱ー - HIKO’s HAIR MAGAZINES
FC2ブログ

HIKO’s HAIR MAGAZINES Vol.38☆ーヘアカラー編⑱ー

こんにちは!


今回も引き続き、ヘアカラーの考え方


今回は “ 色相 “ についてです。


まずはこちらをご覧ください。↓






202002092045291a6.jpeg




これは色相環と言って、赤から紫へと徐々に変化していく様子を輪で表したものです。


赤や橙、黄色など暖かなイメージの色を “ 暖色 “


反対に青など寒いイメージの色を “ 寒色 “

といいます。


色相環上で反対に向かい合う色同士を “ 補色の関係 “ と呼びます。

理論上は補色同士を混ぜると灰色になります。



そして、
ヘアカラーの場合は、元々の髪のアンダートーンも関係していて、


前回説明した通り、
髪を脱色をしていくにつれ


色調は

黒→薄い茶色


色相は

赤→黄色


へと変化します。






このアンダートーンにカラーをオンし、目的の色を出したい場合。




例えばベースの色調が


赤みを帯びた、やや茶色



に対しアッシュ系の色を出したいとします。


この場合、帯びている赤色への補色として青〜緑系の色を基本として使います。
ベースの色調、やりたい色味によっては黄色への補色配合も考えます。



基本的には


補色=ベースへの色味補正で、一度無彩色に振られ、目的の色が乗る

というイメージになります。



もちろんそれは、

残っているメラニン色素や残留色素の量によっても

脱色力や色素量などを考えて
配合を変えていかなければなりません。



ということで、今回は色相のお話でした。

美容室LET'S1000%アピタ向山店
TEL:(0532)55-0006
http://www.lets-1000.com/shop/apitamukaiyama.html

美容室 1000% GROUP 美容師 募集のお知らせ
30days・40days(サーティデイズ・フォーティデイズ)カラーについて
ハッピーデイについて
・Facebook→https://www.facebook.com/1000perGroup/
・Instagram→https://www.instagram.com/1000pergroup/
・Twitter→https://twitter.com/1000west
関連記事
スポンサーサイト



Category: HIKO’s HAIR MAGAZINES
Published on: Fri,  07 2020 13:55
  • Comment: closed
  • Trackback: closed

ヘアカラー カラー 勉強