HIKO’s HAIR MAGAZINES Vol.48☆ ーヘアカラー編㉘ー - HIKO’s HAIR MAGAZINES
FC2ブログ

HIKO’s HAIR MAGAZINES Vol.48☆ ーヘアカラー編㉘ー

こんにちは!

今回も、
前回に引き続き


カラーの塗布順の重要性 “

について書いていきます。



まずは図を見てみましょう。



2020052819215544c.jpeg



図の丸い頭部分より、


①根元(1cm)

②根元寄りの中間

③毛先寄りの中間

④毛先

という分類になります。

各分類の特徴としては、



①根元(1cm)

…体温の影響をもっとも受けやすく、中間などよりも明るくなりやすく、染まりやすい。


おしゃれカラーなどは最後に塗布する部分です。
体温の影響がある部分は染まりやすいので少しトーンダウンした色を使う事もあります。



②根元寄りの中間

…ダメージが少なくトーンアップなどの場合、上がりにくい。

最初に塗布することが多い部分です。
根元に近いほど
細毛の方などは体温の影響を多少うけやすく、思わぬ脱色をすることもあるので注意。



③毛先寄りの中間


…基本的には②と同じ考えです。


施術履歴によってはダメージが蓄積されているので前処理をしたり、薬剤選定を変えることもあります。



④毛先

…ダメージや施術履歴がもっとも蓄積され、薬剤を吸収しやすい部分。


基本的は最後に塗布するか、パワーや色味の弱い薬剤を選定したりする。



塗布の際はゴール設定した色味とダメージ具合によってこの
①〜④の塗布順を決めていきます。



例えば…ミディアムで全て新生毛の場合

順番は


まず②と③ 、リフト具合やダメージなどをみて④ 、最後に①


といったように工夫して順番を変えていくのです。

その中に薬剤も選定して…と更にカラーの奥行きが広がっていきます。




では。

美容室LET'S1000%アピタ向山店
TEL:(0532)55-0006
http://www.lets-1000.com/shop/apitamukaiyama.html

美容室 1000% GROUP 美容師 募集のお知らせ
30days・40days(サーティデイズ・フォーティデイズ)カラーについて
ハッピーデイについて
・Facebook→https://www.facebook.com/1000perGroup/
・Instagram→https://www.instagram.com/1000pergroup/
・Twitter→https://twitter.com/1000west
関連記事
スポンサーサイト



Category: HIKO’s HAIR MAGAZINES
Published on: Fri,  29 2020 19:56
  • Comment: closed
  • Trackback: closed

ヘアカラー カラー