「パハップス superposition」水谷先生カット講習会 第3回 - 練習・勉強・講習会
FC2ブログ

「パハップス superposition」水谷先生カット講習会 第3回

今回の記事は、先日行われた、パハップスの水谷先生によるカット講習の記事です。
 語り手は、豊橋のウェアハウス・スギの佐久間店長です。



今回、3回目(最終回)になるカット講習で、10月19日(月)に行われました。
(記事のアップが遅くなったのは、美容室1000%アピタ島田店のオープンがあり、そちらの記事を優先した為です。)


講習は、19時…、
営業を少し早めに抜けさせてもらった選抜メンバーが、
ティーチン形式で行います。
その他スタッフは営業終了後(20時以降)より、会場に集まり見学する...といった形で行われました。



※ティーチン形式…まず、先生が、カットの1工程のデモを見せ、
  それを受講生が、その1工程を同じ様にカットしてみて、
  チェックしてもらい…を繰り返して、1つのスタイルを完成させるやり方です。
 全て見せてもらってから行うよりも、より細かい所までチェックしてもらえるので、とてもわかりやすい形式です。




まずはティーチンメンバーが前回の講習での課題を持ち寄り、
先生のチェックを受けます。
S__6225923.jpg
後方に並んでいるウィッグが受講生の作品です。

※ウィッグ…練習時に使う場合は、カットを練習する時の人形の首を「ウィッグ」と言います。「かつら」の事ではありません。



先生の作品はと言うと…
S__6225925.jpg
コレです!
受講生の作品と比べると、シルエットのメリハリがはっきりでています。



S__6225927.jpg
因みに講師こと水谷大輔先生は
三重県桑名市にある、「パハップス superposition」というサロンのテクニカルディレクターを務める、
とてもカットの理論に詳しいと有名な先生です。







講師の紹介の後は、もちろん、講習の本題に入ります。


今日のスタイルは…
あえて先に仕上がりから
前からの写真
S__6225930.jpg

横からの写真
S__6225931.jpg
このスタイルをカットするための技術を学びます。
マッシュルーム系のボブですね。


社内カット講習(先日紹介した)
S__4538371.jpg
福瀬B長のカット講習の様に


先生がデモを行い、
S__6225927.jpg

S__6225936.jpg


受講生が同じ様にカット
S__6225938.jpg

S__6225939.jpg
(もちろん、質問があれば先生が答えてくれます)


そしてまた
S__6225942.jpg
デモ↑

デモを真似てカット↓
S__6225945.jpg


あ、そんな時、やっと営業を終えたスタッフたちが急いで見学にやってきました。
S__6225947.jpg
スタイリスト~アシスタントまで全員が
先生の技術と、話しを真剣に見て聞いています。
S__6225949.jpg
動画が載せられないので伝わりにくいですが、
デモを行いながら先生は技術の説明から、カット理論を教えてくださっています。

S__6225951.jpg
各スタッフ…フレイムアウトしていますが、まだまだスタッフは背後に沢山おります。


S__6356997.jpg
先生は何をしているかと言うと…「骨格」を見ています。
今から「質感調整」をしていくのですが、
「ベースカット」で左右同じ長さだとしても、
骨格や毛流ににより左右のバランスが変わってしまうので、
お客様が日常生活でお手入れがしやすい様にするために、触って確認しているのです!!


※質感調整…毛量等を調節して、見た感じの軽さや動きなんかの感覚を調節する事です。
※ベースカット…質感調整をする前段階までのカット




S__6356999.jpg

S__6357000.jpg
そうして、「毛先の躍動感」・「質感」を調整し、完成したのが最初にあったこの画像です。
この1つのスタイルを作り上げる為に、たくさんの技術・理論が組み込まれています。
(まだまだ紹介していないところは多いですが…)



最後に水谷先生と…
S__6357003.jpg

パハップスさんのカット講習は、今回が今年最後の講習でした。
とても為になる講習会でしたw



水谷先生、お疲れ様でした。
S__6357005.jpg


関連記事
スポンサーサイト



Category: 練習・勉強・講習会
Published on: Sat,  24 2015 08:34
  • Comment: closed
  • Trackback: closed

練習会 レッスン カット