子供の頃に家で温泉に入るために苦労したってお話です。 - 日々の出来事
FC2ブログ

子供の頃に家で温泉に入るために苦労したってお話です。

おはようございます。
と言って、記事を書き始めたんですけど、やっぱりお店が忙しくて、今になってしまいました。
あらためまして…こんにちわ。

1000%の福瀬です。



今日は、美容とは全く関係ない…子供の頃の話。

僕の子供の頃は、愛知県の現新城市である、(元)南設楽郡鳳来町で過ごしました。
とてもいい田舎町というか、山ん中というか…とにかく自然と共に成長させてもらったって感じです。

で、田舎だけあって、各家庭に一台は、軽トラがあったりします。
keitora.jpg

もしくは、その(軽の)ワゴン車。
keibokkusu.jpg


そう、今日は、そんな軽トラ、軽ワゴンのお話。
(そんなに大した話じゃないんですけどね…-_-)

旧鳳来町の湯谷という土地は、温泉街としてもそれなりに有名なところです。
(街って言えないくらい小さい町ですけどね)
湯谷は、昔、冷泉といって、低い温度の温泉しか出ませんでした。
それがある時に熱い温泉が出るようになって、「おーこれでここも盛り上がるぞー!」的な雰囲気になりました。
温泉とプール、ジムが複合化した施設…「ゆ~ゆ~アリーナ」だっけか?ができたり、
img_headder.jpg

温泉が自販機の様に買える…温泉スタンドが出来たり…。
ee137a75.jpg

温泉スタンドとは…?
ポリタンクとか家庭用の浴槽一杯分に相当する容器を持参して、
500円挿入すると、セルフのガススタみたいな感じで、温泉を持って帰る事ができるんです。
なかなか画期的な装置。
(今、どうなってるんですかね…これ?? …調べたら、まだあるようですw)




で、この温泉スタンドを利用しようとした時の事です。
父が、
父「おう、源ちゃん、今日は家で温泉に入るぞ!」
福「えー、何それ??」
父「実は…カクカク云々…ということだ!」
福「いいね。じゃあ、今から買いに行くの?」
父「ん。行くぞ!」


という事で、昔、仕事で使ってたなんか大きなポリ容器(お風呂と同じ大きさぐらいある…だからちょうどいいんですねコレ)と、灯油が入ってたような容器を3個くらい?…それを、軽のボックス車に載せて出発。

20分ほどで、現地につきました。


寒い冬の日です。
こんな日に温泉のお湯に入れるなんて、温まるだろうなぁ…とか考えながら。
順番に手順を踏んで、勢いよく温泉が容器に注がれていきます。
福「すげー!!」


何事もなくお湯を容器に入れることができて、
(あ、容器は荷台に載せたままね。降ろしちゃうと、あと重くて載せれないから…そういえば、家に着いたとき、どうやって家の中まで運んだんだったかな?忘れちゃった-_-)


「バタンッ」とドアを閉めて、いざ!家に向かって出発!!という時…


父「まずいな…。」
福「そうだね…まずいね。」
父「前が全く見えん!」
福「見えないね…タオルは?」
父「ない。」
福「あ!! チョー汚いけど、あったよ。  これで、拭くね。」
父「あぁ。」

温泉のお湯の湯気で、もうガラスのくもり方が半端ない(>_<)
これ、家に着くまでに冷めちゃわないか心配してたけど、そんな温度じゃないよね?きっと。
ということで、何回も拭いてみる。

福「ダメだ、お父さん。 何回拭いても、拭いたそばからくもっちゃう…。」
父「じゃ、まず、寒いけど、窓開けよう!」
福「うん、そうだよね。」

…  …

福「お父さん!  変わらないよ? 全然。」
父「ヒーターやっても全然だしなぁ…凄いな…温泉。」
福「で、どうするの?」
父「じゃあ、お前、お父さんの目の前のガラスを、ずっと拭き続けろ。」
福「え? …ま、それしかないよね?」

ということで、父の目の前のフロントガラスの内側を、全力で動くワイパーの様に拭きまくりました。
福「どう?  お父さん、見えてる?  大丈夫??」
父「あぁ、大丈夫そうだ…かなり見えないけど何とかなるだろ? 霧がむちゃくちゃ濃いって思えばいいだら?」
福「心配だなぁ…気を付けてよ…」


というような会話をしながらも、
二人で、そのおかしな状況に大笑いしながら、
家までたどり着きました。


その苦労の末に、入る事の出来た、温泉のお風呂は、いつもよりもホントに温まるいいお湯でしたw


そうです。
これが、軽のボックスタイプでなく、軽トラだったなら…こんな事はなかったんですよね…-_-
恐るべし温泉のパワー!!
(↑↑これがオチ)


というどうでもいいお話でした。




湯谷温泉
300px-Yuya_Onsen01.jpg
アクセス:
 鉄道 : JR東海飯田線 湯谷温泉駅下車
 車:国道151号から愛知県道439号能登瀬新城線方面
(どちらで行っても時間かかります。特に電車の場合は、1時間に1本しかないので、時間のゆとりはたくさん持って行かれた方がいいデス。)
泉質:塩化物泉
効能:皮膚病、婦人病、更年期障害、リウマチなど

だそうです。
風情があっていい温泉街ですよ。
時期になると、鮎の料理もおいしいデス。
一回、雪の日に、露天風呂に入ったことがあるんですけど、そういうのいいですよねぇ~w


と、いうオチがどこにあったのか?わからない…お話になってしまいました。
(一応、オチの部分を記載しときました…いらないか…-_-)
湯谷温泉のCMか?


ちょっとだけ…運転途中の会話…。
福「お父さん! 大丈夫?? お父さん!!  見える??  これヤバい、めっちゃ面白いね…あー、危ない!!  前見て前!」
父「あー、前はずっと見てるんだけどな…見えないんだよね…-_-」
福「うん。  そうだね…見えない。  これ、家に帰れる?」
父「たぶんな。」


明日は、ちゃんとした記事が書けると思いますm(_ _)m


湯谷温泉に近い1000%
↓↓
美容室1000%豊川店
10toyokawa_s.gif

美容室1000%プリオ店
393.jpg

美容室1000%バロー豊川店
410.jpg

関連記事
スポンサーサイト



Category: 日々の出来事
Published on: Sun,  15 2015 16:23
  • Comment: closed
  • Trackback: closed