HIKO’s HAIR MAGAZINES Vol.19☆ - HIKO’s HAIR MAGAZINES
FC2ブログ

HIKO’s HAIR MAGAZINES Vol.19☆

こんにちは!

今回で、シャンプートリートメント関係の記事も大詰めを迎えてきました。

ということで、今回のテーマ…


“ 前処理、後処理の施術での流れ ”

です。

20190822203400f7c.jpeg



前回、前処理と後処理の特徴を書きました。


普段何気なく付けている、つけられている物にも必ず理由があるのです。


今回は、まずパーマ施術の場合から。



①プレシャンプー(前処理)

目的…
毛髪のスタイリング剤や汚れを除去

種類…
・洗浄力のあるもの
・被膜を作る作用のある成分を含まないもの


スタイリング剤やトリートメントのシリコンが残っていたり、皮脂などの汚れがついていると仕上がりにムラができたりします。



②プレトリートメント(前処理)

目的…
ダメージ部を補修し毛髪の状態を均一に近づける

種類…
・ケラチンやコラーゲンなどのPPTを多く含むもの
・カチオン界面活性剤や油分をあまり含まないもの


この前処理でダメージの均一化をしていないと、根元と毛先でかかりムラが発生したり、ダメージ部分に薬剤が作用しすぎてビビリ毛になってしまいます。



③施術


カットしたり、ロッドを巻いたりします。

アフターシャンプーは基本的に行いません。


④アフタートリートメント(後処理)


目的…
毛髪内部のコンディションを整えて、毛髪表面を保護し損傷を防止する。

種類…
・ph調整機能に優れたもの
・PPTや油分などのコンディショ二ング成分を多く含むもの
・カチオン界面活性剤やシリコンなどの毛髪表面を滑らかにするもの


ある意味最も大事な工程です。
ここで後処理をするかしないかで、時間が経った時の持ちや、ダメージ感に繋がっていきます。



いかがでしょう。
この流れで次回はカラーの前処理、後処理の工程を書いていきます。

では。

美容室LET'S1000%アピタ向山店
TEL:(0532)55-0006
http://www.lets-1000.com/shop/apitamukaiyama.html

美容室 1000% GROUP 美容師 募集のお知らせ
2019年成人式予約について
30days・40days(サーティデイズ・フォーティデイズ)カラーについて
ハッピーデイについて
・Facebook→https://www.facebook.com/1000perGroup/
・Instagram→https://www.instagram.com/1000pergroup/
・Twitter→https://twitter.com/1000west
関連記事
スポンサーサイト



Category: HIKO’s HAIR MAGAZINES
Published on: Fri,  06 2019 19:53
  • Comment: closed
  • Trackback: closed

シャンプー トリートメント 勉強